ノートパソコン、マック

icon_title 営業内での問題

社会人にとって情報共有は最も大切なことです。
報告、連絡、相談は業務内容にも影響してきて、中には情報共有のミスにより業務内容に支障が出る場合もあります。
「聞いていない」ということが原因で企業に大きな不利益が出る可能性があるのです。
情報共有が大切なことは社会人にとって常識です。
ですが、営業の方は外出が多くなるため、情報共有が物理的に難しくなることがあります。
そんな場合にオススメなのがグループウェアという管理システムです。

すべての把握を
グループウェアはメール機能、スケジュールやカレンダー機能、ToDoリスト機能など様々な機能が備わった管理システムで、導入することで社員同士がお互いの状況を把握できます。
社員同士のコミュニケーションツールとしても重宝します。
これらの機能を利用すれば社員同士のワークフローの把握がスムーズにできます。
ワークフローが把握できれば無駄なことや必要性が低いことも分かり、業務改善に繋げることができます。
ワークフローを確認し業務の効率化ができるのです。

2人でチェック

icon_title 企業のプラスに

グループウェアの導入によりワークフローの把握、営業支援が可能です。
営業は外出する場合が多くお互いの状況を知らなかったり、営業事務とのコミュニケーションが疎かになったりする場合があります。
営業支援のためにもとても便利なのがこのシステムなのです。
グループウェアはたくさんの企業が開発、販売しているので調べてみて自分の企業に必要な機能があるものを導入します。
無料のお試し版もあるので最初はそちらを導入することもオススメです。

パソコンの前の男女

icon_title 効率化UPのシステム

社内の情報を共有し、企業間でのデータ共有は、効率化をアップし業績にも貢献できます。
そのためのシステムが、グループウェア・ワークフロー・営業支援となります。
それぞれに特徴が異なります。
利用する際の機能や価格も異なるため、必要なシステムを明確にし、慎重に選ぶことが大切です。
動作確認済みの利用環境として、推奨端末が掲載されています。
しかし端末によっては、一部の機能しか利用できないため、事前に確認する必要があります。

情報共有で円滑化
グループウェアは、会社全体で情報共有できるシステムです。
会議の議事録や重要な情報を安全に回覧したり、他の社員のスケジュールもチェックできます。
組織内にある様々な情報を共有する事で、社内を円滑に保つ事ができ、コミュニケーション力の活性化や、生産性を高めるために重要です。
ワークフローは、紙文書で行っていた作業を、電子文書として行う事ができます。
出張先や外出時も、パソコン画面から、申請や承認処理が行えます。

パソコンを見る男女

icon_title 営業力強化のツール

営業支援は営業全体をサポートするシステムです。
システムを導入する事で、商談内容や案件の進歩状況を、把握する事ができます。
そして個人の情報として保管していたものを、営業全体に共有化する事で、組織的な顧客対応や営業力強化等、会社の成長には欠かせないツールとなります。
営業支援システムは、複数部署間とも連携可能なため、更なる効率化アップが図れます。
また営業支援システムにより、引き継ぎもスムーズに行えます。

カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031